教育

取得可能な免許・資格

工学部で取得可能な免許・資格

※工学部で学ぶ専門教育の内容に関連した各種資格について主なものを以下に示します。
取得するためには所定単位の取得、実務経験及び各試験への合格が必要となります。

学科名 各種資格 備考
学科共通 国家公務員総合、一般 受験により取得可能
地方公務員上級
消防設備者甲種
技術士 一部の学科・コースでは一次試験が免除
技術士補 一部の学科・コースでは卒業と同時に登録可
公害防止主任管理者
公害防止管理者
受験資格の取得に実務経験要
第一種・第二種 作業環境測定士
労働安全・労働衛生コンサルタント
第一種・第二種 衛生管理者
廃棄物処理施設技術管理者
建築施工管理技士
管工事施工管理技士
造園施工管理技士
電気施工管理技士
土木施工管理士
一級・二級 建築機械施工管理技士
FE(Fundamentals of Engineering) 受験により取得可能
PE(Professional of Engineer) 受験資格の取得に実務経験要
機械・システム工学科 エネルギー管理士(熱管理士、電気管理士) 受験資格の取得に実務経験要
第一種・第二種 ボイラー・タービン主任技術者
特級・一級・二級 ボイラー技士
第一種冷凍空調技士、第一種冷凍機械責任者
一級・二級・三級 自動車整備士
一級・二級 建築機械施工技士
自動車整備管理者
建築設備士
工業標準化品質管理推進責任者
基本情報技術者 受験により取得可能
応用情報技術者
放射線取扱主任者(第1種・第2種) 受験により取得可能
高等学校教諭1種免許(工業) 所定の授業科目を修得すれば、資格を得ることが可能。
電気電子情報工学科 電気主任技術者 所定の授業のの単位を修得し、実務経験を積むことで資格を得ることが可能
第一級・第二級陸上無線技術士 所定の授業の単位を修得すれば、無線従事者国家試験科目「無線工学の基礎」が免除
電気通信主任技術者 所定の授業の単位を修得すれば、電気通信主任技術者国家試験科目「電気通信システム」が免除
第一級陸上特殊無線技士
第二級海上特殊無線技士
第三級海上特殊無線技士
所定の授業の単位を修得すれば、資格を得ることが可能
基本情報技術者 受験により取得可能
応用情報技術者
情報セキュリティスペシャリスト
情報検定 情報活用試験1級
情報検定 情報システム試験
所定の授業科目を修得すれば、資格を得ることが可能
高等学校教諭1種免許(工業) 所定の授業の単位を修得すれば、資格を得ることが可能。
建築建設工学科 一級建築士 <建築学コース>2年の実務経験により受験資格
<都市環境工学コース> 所定の単位を取得することにより、2年の実務経験を経て受験資格
二級建築士、木造建築士 <建築学コース>卒業と同時に受験資格
<都市環境工学コース>所定の単位を取得することにより、卒業と同時に受験資格
測量士 <都市環境工学コース> 正味1年間の測量実務経験により資格取得
測量士補 <都市環境工学コース>申請により資格取得
インテリアプランナー 受験により取得可能
ファシリティマネージャー
高等学校教諭1種免許(工業) 所定の授業科目を修得すれば、資格を得ることが可能。
物質・生命化学科 危険物取扱者(甲種) 受験資格
高等学校教諭1種免許(理科) 所定の授業科目を修得すれば、資格を得ることが可能。
応用物理学科 第1種、第2種 放射線取扱主任者 受験により取得可能
高圧ガス製造保安責任者
消防整備士乙種 受験により取得可能
高等学校教諭1種免許(理科) 所定の授業科目を修得すれば、資格を得ることが可能。