建築・都市環境工学科

HOME > 組織 > 工学部 > 建築・都市環境工学科 > 研究紹介

研究紹介

建築構造工学分野

石川浩一郎 教授

(1)スペースフレーム:学校体育館等の大スパン建築構造の構造システムと非構造要素の耐震・統合型制振等の評価法,屋根型や壁型等の金属系スペースフレーム(空間骨組構造)の耐震・制振等の評価、(2)木造制振住宅:木製摩擦ダンパーを用いた木質建築構造の地震応答シミュレーションと振動台試験や損傷制御設計法の構築:(3)シェル・空間構造: ストラクチャ・システムの系統化や架構法のイノベーションで必要となる既存シェル・空間構造物のWebデータベースの公開等(http://aloss.jp)

HP シェル構造

HP シェル構造

磯 雅人 教授

鉄筋コンクリート構造物の地震挙動は、不明な点が多くあります。それらの挙動を実験または解析的手法により明らかにするための研究を実施しています。また、近年は、環境保全が強く叫ばれており、健全な循環型社会の構築を目指して、再生骨材コンクリートの研究なども実施しています。さらには、鉄筋コンクリート構造部材の損傷を軽減し、長寿命化させるなど、高性能・高耐久な部材の開発なども行っています。

袖壁付きRC柱の実験風景
袖壁付きRC柱の実験風景

井上圭一 准教授

建築構造に関わる解析的、実験的研究を行っています。鋼構造建物の柱脚の浮き上がりを許容した制震構造の地震応答低減効果に関す る解析的研究、有限要素法を用いた構造部材の振動解析モデルの開発、袖壁にエネルギー吸収能力を有する制震パネルを利用した制震構造の開発などを行っています。種々の建築物の地震応答性状を解明すること、地震災害低減のための技術開発に貢献することを目標にしています。

制震袖壁パネル付柱の試験体
制震袖壁パネル付柱の試験体

柱脚浮き上がりを考慮した解析モデル
柱脚浮き上がりを考慮した解析モデル

柱脚浮き上がりを考慮の有無による地震応答の比較
柱脚浮き上がりを考慮の有無による地震応答の比較

環境防災工学分野

小嶋啓介 教授

宇宙に目を向ければ何億光年先まで見通せるのに、私たちに身近で構造物を支えている大地は、わずか数mの深さでさえ未知の世界です。本研究室では、実際の地震動(強震)ならびに常時微動(波浪や交通による微弱な振動)などを大地からのメッセージとして観測して、地域の地震被害予測精度を向上させるための3次元地下構造モデルの作成や、構造物基礎としての地盤構成・支持力・剛性などを明らかにする方法の開発などを行っています。

地震工学における液状化モデル実験
地震工学における液状化モデル実験

本間礼人 講師

社会の基盤材料として、コンクリートは全世界で広く利用されています。それらを支えているのはコンクリートのみが有する高い耐久性のほか、他の材料との組み合わせのしやすさ、資源としての入手のしやすさなどがあります。本間研究室ではコンクリートを構成する主要な素材の研究、まだ固まらない時点でのコンクリートの流動性・施工性向上のための研究、硬化した後では高い強度・耐久性をコンクリートに与える研究を行っています。加えてコンクリート自体のリサイクルについても研究を行っています。

低発熱コンクリートの実験風景
低発熱コンクリートの実験風景

鈴木啓悟 准教授

橋梁をはじめとする鋼構造物の維持管理の向上、安全性の保持を目的として、健全度モニタリング、非破壊検査に関する研究に取り組んでいます。モニタリング技術は、さながら構造物の健康診断であり、どこが悪いのか、どの程度の症状なのかを、外乱と応答の両データから評価していきます。非破壊検査手法では内在する欠陥や損傷を可視化し、直接目視できない部位の検査手法の向上に役立てます。数値解析シミュレーションと実験の両面から、これら技術の構築を行っています。

橋梁の地震時挙動シミュレーション
橋梁の地震時挙動シミュレーション動画を見る(ポップアップウインドウが開きます)

藤本明宏 講師

大雨や豪雪など気象の変化に伴い激甚災害は後を絶ちません。積雪寒冷地における防災や減災を促進させるために、雪工学と融合させて、地盤工学分野では融雪期の斜面崩壊・地すべり対策や盛土排水対策、道路工学分野ではスタック発生メカニズム解明、路面凍結予測および凍結防止剤散布の最適化などの研究を行っています。

 平成30福井大雪での立ち往生解消直後の道路状況

寺崎寛章 助教

「多孔媒体中の熱・水分・物質移動」に関連した研究を行っており、近年では、東日本大震災の津波による農地の塩害を対象に”除塩”を通した復興支援技術の開発に取り組んでいます。また「環境」「熱」「水」をキーワードに、①アラブ首長国連邦の水文・微気象の観測や緑化技術の開発、②バングラデシュ僻地農村部の乾期における飲み水支援、③インド コルカタにおける生活用水や地下水の水質および大気汚染の調査など、海外でのフィールドワークも積極的に取り組んでいます。いずれも過酷な環境ですが、”誰もやらない(やりたがらない)”研究だけど、”必要としている人がいる”研究に注力しています。

 津波後の塩害農地の土壌分析(宮城県亘理町にて)

 砂漠で水文・微気象観測(アラブ首長国連邦 ラスアルハイマにて)

 太陽熱淡水化装置による飲み水造り(バングラデシュ クルナにて)   

 生活用水の水質調査(インド コルカタにて)   

建築設計分野

 

明石行生 教授

人と地球にやさしい光と照明の使い方を明らかにして、それを広めることが使命だと考えています。その使命を果たすため、①光がヒトの視覚・心理・生理に及ぼす影響とそのメカニズムについて探求して、②そこで得られた基礎的な知見に基づいて、少ないエネルギーでヒトが安全・快適・健康に暮らせる光環境を実現する研究をしています。詳しくは、次のURLをご覧ください。
http://www.anc-d.u-fukui. ac.jp/~akashi/

和ろうそくのゆらぎを模したLED行灯を足羽川の桜並木に添えた様子(2010年4月)
和ろうそくのゆらぎを模したLED行灯を足羽川の桜並木に添えた様子(2010年4月)

LEDのスペクトルと生体リズムとの関係を調べる実験の様子(2008年11月)
LEDのスペクトルと生体リズムとの関係を調べる実験の様子(2008年11月)

原田陽子 准教授

私の専門は「居住地計画」や「環境デザイン」です。持続可能な都市・住環境に向けて、地域固有の物理的・人的資源を活かした居住者主体の自律的な住環境形成について取り組みたいと思っています。具体的に最近では、福井市周辺を対象に、「地方都市のリバース・スプロールに向けた低未利用地の成熟化と創造的再編に関する研究」について取り組むと共に、福井市中心市街地にある新栄商店街周辺地区を対象に、駐車場や空き店舗などの低未利用地の活用による中心市街地活性化に向けた実践的活動に取り組んでいます。

新栄テラスと新栄リビングの様子
新栄テラスと新栄リビングの様子

木曽久美子 准教授

行動建築デザインをキーワードに、人間行動の分析に基づいて人間と環境との相互作用を解読しながら、豊かな経験を育む建築・都市空間の評価方法およびデザイン方法の構築を目指す研究を展開し、その実践として様々な空間デザインを探求しています。
このとき、建築・都市空間を、人間を含めた多様な構成要素からなる人間-環境系と捉え、デザインとは系の構成要素間の相互関係に変化を与えることとして、複雑系としての建築・都市空間のデザインの研究および実践を行うという立場に立っています。
具体的な研究手法として、例えばマルチエージェントシステムによる様々な空間における人間行動シミュレーション、都市空間に対して抱くイメージの予測シミュレーション、地理情報システムを用いた空間分析などを行っています。

西本雅人 講師

西本研究室では子どもの活動が生き生きする使いこなしのデザインをテーマに、「設計」、「研究」、「地域活動」の3つに分けて活動しています。主な対象は幼稚園・保育園・小学校・図書館・小児病院などこどもが関わる施設です。「設計」では実際に立つ小学校や図書館などの設計を設計事務所の方と共同で行ったり、学生自身が建築のアイディアコンペティションに参加しています。「研究」では子どもたちや保育者・先生方が空間を使いこなしていくための方法づくり、幼稚園や保育園などで体力が上がるための環境や木質空間の保育的効果などを明らかにしようとしています。「地域活動」では地域の方と一緒に公園作りやブランドロゴデザイン、他大学との合同ゼミなどをより幅広いデザインについて学んでいます。研究室のホームページもありますのでご覧ください。

設計:小学校設計のための教職員WS      研究:体力が向上するための遊び環境づくりの研究      地域活動:小学生と一緒に公園づくり

山田岳晴 講師

日本全国の伝統建築を対象に「研究」「調査」「設計」を行っています。
伝統を大切にこれまでとこれからの日本建築を追究する日本建築史研究室です。福井大学の本研究室では、古建築の実測・図化、風食・意匠による詳細な年代判定、文化的価値の判断などが可能です。日本建築についてぜひご相談ください。
神社(本殿 拝殿 玉殿 手水舎 鳥居 神楽殿 社務所 神輿など) ○寺院(本堂 金堂 仏殿 礼堂 厨子 庫裏 楼門 塔婆 鐘楼など) ○城郭(天守 櫓 門 御殿 蔵 塀 中世城館 木橋など) ○民家(農家 町家 蔵 侍屋敷 伝統的建造物群など) ○住宅(書院 数寄屋 寝殿 対屋 中門 釣殿 御殿など) ○茶室(草庵 茶亭 待合 中門など) ○石造物(鳥居 玉垣 注連柱 石塔 灯籠 石垣 石畳など) ○その他(竪穴式住居(縄文時代)から近代建築(昭和戦前)までの建造物・町並・古文書・絵巻など、幅広い日本建築を対象に研究を行っています。
日本建築の豊富な知識を備えた優秀な学生が育っています。これからも、研究・教育でみなさまの地域・社会に貢献します。

実地調査(旧岡本家住宅)
大瀧神社本殿・拝殿(福井・越前市)
旧冨田家住宅(静思館)主屋(兵庫・猪名川町)
慶長度二条城天守復元図 (C)山田岳晴

桃井良尚 講師

主に室内空気環境や熱湿気環境を対象として、居住者の安全性・快適性、それらの評価手法並びに高効率空調換気システムの開発について、幅広い研究を行っています。

地域都市計画分野

野嶋慎二 教授

深刻な過疎化の問題に直面している地方都市において、住んで楽しく美しい場所や、持続可能な地域コミュニティを構築するための計画とアーバンデザインについて研究と実践を行っています。プロジェクトでは、(1)環境とコミュニティが統合したエコビレッジのデザイン、(2)伝統的な街路のデザインや住宅の活用と祭の実践による景観とコミュニティの継承、(3)地元市民組織と商店街と連携した楽しく住み続けられる近隣づくりの実践、などです。

エコビレッジのデザイン(福井県若狭町)
エコビレッジのデザイン(福井県若狭町)

民宿の改修 コミュニティカフェとして使用(福井県高浜町)
民宿の改修 コミュニティカフェとして使用(福井県高浜町)

和田de路地祭における長街宴(福井県高浜町)
和田de路地祭における長街宴(福井県高浜町)

川本義海 教授

地方都市や過疎地域における生活交通の確保、環境負荷の小さな交通のあり方、人と車のより良い関係づくり、原子力施設立地と地域との共生、雪国らしい地域づくり、地域の自立的・持続的発展のための方法論等々、私たちを取り巻く多種多様な生活空間と社会環境のさらなる向上をめざし調査研究、実践活動をおこなっています。

過疎高齢集落の維持・存続
過疎高齢集落の維持・存続

原子力と地域との共生
原子力と地域との共生

人と交通の空間シェアリング
人と交通の空間シェアリング

菊地吉信 准教授

私たち住環境計画研究室では、よりよい住環境を実現するための方策について、ハード(設計、計画)とソフト(政策・制度、サービス等)の両面から調査・分析し、有益な提案につなげられるよう研究しています。研究テーマの例を挙げると、空き家の活用/除却、住まいのシェア、住宅地の持続可能性、住宅セーフティネット・居住支援、住宅の地方性(民家の型)、住宅ストックを活用した新たな住まい方、中山間地の郷づくり、などです。

研究室HP: http://www.anc-d.u-fukui.ac.jp/~ykikuchi/index.html

住民による管理組織のある住宅地で行なわれる定期的な修繕の様子(イギリス)
住民による管理組織のある住宅地で行なわれる定期的な修繕の様子(イギリス)

浅野周平 助教

私たち地域計画研究室では、交通と土地利用の視点から地域や都市の計画について研究を行っています。研究テーマの例として、持続可能な都市を実現するためのコンパクトシティやインフラの維持管理に関する研究、近年注目を集めているスマートシティの研究などが挙げられます。地域や都市の課題を視野に、幅広いテーマで「地域計画」、「都市計画」の研究を行っていきます。

コンパクトシティのイメージ
コンパクトシティのイメージ