建築・都市環境工学科

HOME > 組織 > 工学部 > 建築・都市環境工学科 > 研究紹介

研究紹介

建築構造工学分野

小林克巳 教授

機能的で安全な建物にすることが目標です。特に、世界で頻発する大地震で建物が倒壊し、大勢の人の生命が奪われることは地球規模 の深刻な問題で、災害を軽減するための技術開発も研究分野に含まれます。実験手法とコンピュータシミュレーションを用いて新しい構造システムとその設計法・構造法などを提案すること、建物調査を行って耐震安全性を判定すること、安全にするための耐震補強方法の研究などを行っています。

杭と建物の接合システムと設計法の開発
杭と建物の接合システムと設計法の開発

2010年チリ大地震被害建物調査
2010年チリ大地震被害建物調査

石川浩一郎 教授

【スペースフレームの性能設計と検証法】

  1. EP 単層ラチスシェルによる屋根面地震荷重伝達性能の向上及び天井材の落下防止を目指した耐震補強
  2. シェル・空間構造の画像データベース ALOSS(Album of Space Structureshttp://www.aloss.jp/) の構築の拡充・整備
  3. 二層立体ラチス構造の動的挙動と耐震性能評価

【建築物の耐震・制振に関する性能設計と検証】

  1. 鋼材ダンパーを有する木造耐力壁の実用化
  2. 応答予測法に基づく損傷制御設計

木造建築物の制振技術実用化
木造建築物の制振技術実用化

EP単層ラチスシェル構造
EP単層ラチスシェル構造

HP シェル構造
HP シェル構造

磯 雅人 准教授

鉄筋コンクリート構造物の地震挙動は、不明な点が多くあります。それらの挙動を実験または解析的手法により明らかにするための研究を実施しています。また、近年は、環境保全が強く叫ばれており、健全な循環型社会の構築を目指して、再生骨材コンクリートの研究なども実施しています。さらには、鉄筋コンクリート構造部材の損傷を軽減し、長寿命化させるなど、高性能・高耐久な部材の開発なども行っています。

袖壁付きRC柱の実験風景
袖壁付きRC柱の実験風景

井上圭一 准教授

建築構造に関わる解析的、実験的研究を行っています。鋼構造建物の柱脚の浮き上がりを許容した制震構造の地震応答低減効果に関す る解析的研究、有限要素法を用いた構造部材の振動解析モデルの開発、袖壁にエネルギー吸収能力を有する制震パネルを利用した制震構造の開発などを行っています。種々の建築物の地震応答性状を解明すること、地震災害低減のための技術開発に貢献することを目標にしています。

制震袖壁パネル付柱の試験体
制震袖壁パネル付柱の試験体

柱脚浮き上がりを考慮した解析モデル
柱脚浮き上がりを考慮した解析モデル

柱脚浮き上がりを考慮の有無による地震応答の比較
柱脚浮き上がりを考慮の有無による地震応答の比較

環境防災工学分野

小嶋啓介 教授

宇宙に目を向ければ何億光年先まで見通せるのに、私たちに身近で構造物を支えている大地は、わずか数mの深さでさえ未知の世界です。本研究室では、実際の地震動(強震)ならびに常時微動(波浪や交通による微弱な振動)などを大地からのメッセージとして観測して、地域の地震被害予測精度を向上させるための3次元地下構造モデルの作成や、構造物基礎としての地盤構成・支持力・剛性などを明らかにする方法の開発などを行っています。

地震工学における液状化モデル実験
地震工学における液状化モデル実験

小林泰三 准教授

専門分野の「土の力学」、「土のセンシング」をベースに「地盤」にかかわる様々なエンジニアリングに取り組んでいます。最近では、①斜面崩壊の危険度を合 理的に判定するための現場調査システムの開発、②土工重機等の施工管理支援システムの開発、③月・惑星探査における地盤とロボットの相互作用に関する問題などに取り組んでいます。地盤という不確実性・不均質性の高い自然材料に対して、何の情報をどのように取得し、それを施工や設計にどのように活かしていくのか?地盤工学の専門性や計測技術に関する知識・経験、そして何より斬新な発想力が求められるチャレンジングな研究です。

地中に直接貫入して地盤情報を得るダイレクトプッシュ技術の開発。(上)地盤の強度計測プローブ。(下)透水係数の推定プローブ
地中に直接貫入して地盤情報を得るダイレクトプッシュ技術の開発。
(上)地盤の強度計測プローブ。(下)透水係数の推定プローブ

すべりにくい月・惑星探査ロボットの開発。車輪と地盤間の力学的相互作用(テラメカニクス)の検討に基づく、走行制御。車輪が地盤の凹凸に応じて上下する。
すべりにくい月・惑星探査ロボットの開発。
車輪と地盤間の力学的相互作用(テラメカニクス)の検討に基づく、走行制御。
車輪が地盤の凹凸に応じて上下する。

本間礼人 講師

社会の基盤材料として、コンクリートは全世界で広く利用されています。それらを支えているのはコンクリートのみが有する高い耐久性のほか、他の材料との組み合わせのしやすさ、資源としての入手のしやすさなどがあります。本間研究室ではコンクリートを構成する主要な素材の研究、まだ固まらない時点でのコンクリートの流動性・施工性向上のための研究、硬化した後では高い強度・耐久性をコンクリートに与える研究を行っています。加えてコンクリート自体のリサイクルについても研究を行っています。

低発熱コンクリートの実験風景
低発熱コンクリートの実験風景

鈴木啓悟 講師

橋梁をはじめとする鋼構造物の維持管理の向上、安全性の保持を目的として、健全度モニタリング、非破壊検査に関する研究に取り組んでいます。モニタリング技術は、さながら構造物の健康診断であり、どこが悪いのか、どの程度の症状なのかを、外乱と応答の両データから評価していきます。非破壊検査手法では内在する欠陥や損傷を可視化し、直接目視できない部位の検査手法の向上に役立てます。数値解析シミュレーションと実験の両面から、これら技術の構築を行っています。

橋梁の地震時挙動シミュレーション
橋梁の地震時挙動シミュレーション動画を見る(ポップアップウインドウが開きます)

寺崎寛章 助教

「多孔媒体中の熱・水分・物質移動」に関連した研究を行っており、近年では、東日本大震災の津波による農地の塩害を対象に”除塩”を通した復興支援技術の開発に取り組んでいます。また「環境」「熱」「水」をキーワードに、①アラブ首長国連邦の水文・微気象の観測や緑化技術の開発、②バングラデシュ僻地農村部の乾期における飲み水支援、③インド コルカタにおける生活用水や地下水の水質および大気汚染の調査など、海外でのフィールドワークも積極的に取り組んでいます。いずれも過酷な環境ですが、”誰もやらない(やりたがらない)”研究だけど、”必要としている人がいる”研究に注力しています。

 津波後の塩害農地の土壌分析(宮城県亘理町にて)

 砂漠で水文・微気象観測(アラブ首長国連邦 ラスアルハイマにて)

 太陽熱淡水化装置による飲み水造り(バングラデシュ クルナにて)   

 生活用水の水質調査(インド コルカタにて)   

建築設計分野

白井秀和 教授

当研究室では、西欧の建築を中心とした、建築論・建築史・建築美学などを研究しており、英語はもちろん、院生の場合はフランス語やイタリア語も含めて、多くの外国文献の購読・読解を通して、建築の本質を追求しています。工学部に属してはいますが、内容は、人文学的研究といっていいでしょう。とりわけ近代・現代ヨーロッパの、建築・建築家・建築理論・建築思潮・建築論・建築意匠論などを扱う研究室です。

松下 聡 教授

建築計画の研究室では、建築の設計プロセス、建築空間の有効利用、火災や地震時の群集の避難行動、目的地への経路がわからない場合の探索行動などの分野の研究を行なっています。特に最近は福井県内に新しくできた教科センター方式の中学校の生徒や教職員の行動、建物の使い方などの研究を行なっています。その一方で福井大学の校舎の改修計画や町中の建物の設計にも取り組んで、実践を通して研究成果を活かすことも考えています。

福井市内の中学校の使い方調査の風景
福井市内の中学校の使い方調査の風景

明石行生 教授

人と地球にやさしい光と照明の使い方を明らかにして、それを広めることが使命だと考えています。その使命を果たすため、①光がヒトの視覚・心理・生理に及ぼす影響とそのメカニズムについて探求して、②そこで得られた基礎的な知見に基づいて、少ないエネルギーでヒトが安全・快適・健康に暮らせる光環境を実現する研究をしています。詳しくは、次のURLをご覧ください。
http://www.anc-d.u-fukui. ac.jp/~akashi/

和ろうそくのゆらぎを模したLED行灯を足羽川の桜並木に添えた様子(2010年4月)
和ろうそくのゆらぎを模したLED行灯を足羽川の桜並木に添えた様子(2010年4月)

LEDのスペクトルと生体リズムとの関係を調べる実験の様子(2008年11月)
LEDのスペクトルと生体リズムとの関係を調べる実験の様子(2008年11月)

原田陽子 准教授

私の専門は「居住地計画」や「環境デザイン」です。持続可能な都市・住環境に向けて、地域固有の物理的・人的資源を活かした居住者主体の自律的な住環境形成について取り組みたいと思っています。具体的に最近では、福井市周辺を対象に、「地方都市のリバース・スプロールに向けた低未利用地の成熟化と創造的再編に関する研究」について取り組むと共に、福井市中心市街地にある新栄商店街周辺地区を対象に、駐車場や空き店舗などの低未利用地の活用による中心市街地活性化に向けた実践的活動に取り組んでいます。

新栄テラスと新栄リビングの様子
新栄テラスと新栄リビングの様子

地域都市計画分野

川上洋司 教授

地方都市を視野において、人口減少・高齢社会の中でも活力があり、そして持続可能なまちづくりと交通体系の構築を目指し、適正な土地利用の誘導・規制のあり方、まちづくりと連携した交通政策の考え方と具体的方策、公共交通の活性化や利用促進策等について、現状分析を踏まえた実践的研究を行なっています。

交通とまちづくりの連携とは
交通とまちづくりの連携とは

我が国で初めて導入された富山LRT
我が国で初めて導入された富山LRT

野嶋慎二 教授

深刻な過疎化の問題に直面している地方都市において、住んで楽しく美しい場所や、持続可能な地域コミュニティを構築するための計画とアーバンデザインについて研究と実践を行っています。プロジェクトでは、(1)環境とコミュニティが統合したエコビレッジのデザイン、(2)伝統的な街路のデザインや住宅の活用と祭の実践による景観とコミュニティの継承、(3)地元市民組織と商店街と連携した楽しく住み続けられる近隣づくりの実践、などです。

エコビレッジのデザイン(福井県若狭町)
エコビレッジのデザイン(福井県若狭町)

民宿の改修 コミュニティカフェとして使用(福井県高浜町)
民宿の改修 コミュニティカフェとして使用(福井県高浜町)

和田de路地祭における長街宴(福井県高浜町)
和田de路地祭における長街宴(福井県高浜町)

川本義海 准教授

地方都市や過疎地域における生活交通の確保、環境負荷の小さな交通のあり方、人と車のより良い関係づくり、原子力施設立地と地域との共生、雪国らしい地域づくり、地域の自立的・持続的発展のための方法論等々、私たちを取り巻く多種多様な生活空間と社会環境のさらなる向上をめざし調査研究、実践活動をおこなっています。

過疎高齢集落の維持・存続
過疎高齢集落の維持・存続

原子力と地域との共生
原子力と地域との共生

人と交通の空間シェアリング
人と交通の空間シェアリング

菊地吉信 准教授

私たち住環境計画研究室では、よりよい住環境を実現するための方策について、ハード(設計、計画)とソフト(政策・制度、サービス等)の両面から調査・分析し、有益な提案につなげられるよう研究しています。研究テーマの例を挙げると、空き家の活用/除却、住まいのシェア、住宅地の持続可能性、住宅セーフティネット・居住支援、住宅の地方性(民家の型)、住宅ストックを活用した新たな住まい方、中山間地の郷づくり、などです。

研究室HP: http://www.anc-d.u-fukui.ac.jp/~ykikuchi/index.html

住民による管理組織のある住宅地で行なわれる定期的な修繕の様子(イギリス)
住民による管理組織のある住宅地で行なわれる定期的な修繕の様子(イギリス)