機械・システム工学科

HOME > 組織 > 工学部 > 機械・システム工学科 > 学習教育目標

学習教育目標

ディプロマポリシー

機械・システム工学科では、以下の要件を満たし、安全で安心な社会および人と環境が調和した社会を創造する革新的ものづくりに貢献できる高度専門技術者を輩出する。

  1. 機械工学、ロボティクス、および原子力安全工学に関する専門知識と技術を有している。
  2. 専門にとらわれない幅広い知識・教養と異分野コミュニケーション能力を有し、広い視野で協力して未知の問題に取り組むことができる。
  3. 高い倫理観と責任感を持って、国際社会において先導的立場で活躍することができる。

カリキュラムポリシー

機械・システム工学科では、専門的知識・能力に加え、幅広い知識と異分野コミュニケーション能力を有する高度専門技術者を育成するため、以下の方針に沿って教育を行います。

  1. 本学科の基礎となる数学や物理、その他自然科学に関わる知識を身に付けさせる。
  2. 本学科の各コース(機械工学、ロボティクス、原子力安全工学)における専門的知識・能力を身に付けさせる。また他コースの基礎的な専門知識も修得させ、幅広い知識と柔軟な思考力を養わせる。
  3. 安全で安心な社会の創造や革新的なものづくりに関わる多様な分野の幅広い知見を獲得させる。
  4. 創造力、自己学習力、問題解決能力、およびコミュニケーション能力を併せた総合力を身に付けさせる。
  5. 国際的な視点から、高度専門技術者として守るべき倫理や負うべき社会的責任を理解させる。