機械・システム工学科

HOME > 組織 > 工学部 > 機械・システム工学科 > 研究紹介

研究紹介

機械工学コース

機械・機能創成工学講座

竹下 晋正(教授)

高強度マイクロ接合のための2段抵抗ろう付法の開発、ろう付継手の強度予測

大津 雅亮(教授)

鉄やアルミニウム、チタン、マグネシウムなどの金属に力を加えて変形させて自動車や眼鏡などの金属部品を製造する塑性加工について研究しています

本田 知己(准教授)

機能表面設計、ナノ・マイクロトライボロジー、潤滑油劣化診断、新材料の摩擦摩耗解析、摩擦制御

旭吉 雅健(講師)

はんだや鉄鋼材料のクリープ疲労寿命評価に関する研究

岡田 将人(講師)

超硬合金などの難削材料加工や金属表面の平滑化と改質層生成を同時に実現するバニシング加工の研究

雷 霄雯(講師)

理論・計算によりミクロな構造が力学特性や機能を生み出すメカニズムに関する研究を行なうことで、新しい機能を設計するための知見の獲得を目的とする

三浦 拓也(助教)

摩擦攪拌接合やアーク溶接といった、主に金属材料を対象とした溶接・接合技術の研究

機械・熱流体システム講座

永井 二郎(教授)

ヒートパイプを使って電気を使わず冷暖房する装置の開発やお湯が沸く仕組みを研究

太田 淳一(教授)

二相流一般と超音波照射が液中の粒子やマイクロバブルに及ぼす影響と音響流について研究している

田中  太(准教授)

散水設備(例:スプリンクラー)による火災抑制性能と閉空間(例:トンネル)火災時における煙流動現象の解明に取り組んでいます

太田 貴士(准教授)

数値流体力学、乱流の解析と制御、数値シミュレーションによって、複雑な流体現象のメカニズムを解明し、現象の予測と制御を実現するための基礎的な研究

酒井 康行(准教授)

内燃機関の燃焼化学

福島 啓悟(講師)

量子及び分子シミュレーションを用いた微細なスケールにおける熱及び流体の輸送現象の解明

機械・システム制御工学講座

鞍谷 文保(教授)

機械、自動車、楽器の進藤・音の発生機構や振動・騒音を低減するための減衰発生機構の解明に取り組んでいます

山田 泰弘(教授)

機械システム、生産システム、コンピュータ援用検査

新谷 真功(准教授)

美術品、医療機器等を地震から守る免震装置を開発して、youtubeに公開しています

川井 昌之(准教授)

各種ロボットの研究

川谷 亮治(准教授)

不安定メカニカルシステムの安定化制御、柔軟構造物のロバスト振動制御、自立移動型ロボットの制御、メカトロニクス系のコンピュータ制御

吉田 達哉(助教)

建設機械の作業シュミレーションによる自動化の研究、接触を伴う構造物の動的応答解析

ロボティクスコース

知能・知能創成講座

村瀬 一之(教授)

感覚系の神経科学、人工神経回路網、生物ロボット

平田 隆幸(教授)

非線形物理学、カオス制御、複雑系科学、形の科学の研究

片山 正純(准教授)

人の認知と運動に関する脳内情報処理メカニズムについて研究しています。さらに、人と同じように上達する人工筋ロボットにも取り組んでいます

黒岩 丈介(准教授)

カオスの基礎とその応用について研究し、人のような柔軟で卓越した情報処理のメカニズムの解明や実現を目指しています

髙田 宗樹(准教授)

非線形非平衡系にみられる「かたち」に関心がある。特に、生体信号を扱い、「立体映像による眼疲労と酔いの原因の特定」などに興味がある

知能・未来システム創造講座

浪花 智英(教授)

学習制御・Model-Based適応制御、ロボットハンドの強調制御、RTOSを用いた制御系実装

藤垣 元治(教授)

光や画像を用いて高速かつ高精度に三次元計測や構造物の変位計測ができる手法を研究しています

庄司 英一(准教授)

次世代の夢を拓く『人工筋肉』の開発

小越 康宏(准教授)

人間がもつ、たくさんの優れた能力。その謎にせまるため、表情の認識や表情の表出について、模倣学習時の脳波特性について研究しています

髙橋 泰岳(准教授)

呈示者とダイナミクスの異なるロボットによる模倣学習、デザー系留型飛行ロボット、機能性流体を用いたアクチュエータの開発、協業、競合行動学習

田中 完爾(准教授)

ロボット、計算機視覚。「迷子にならないロボット」を目指して、視覚移動ロボットの研究開発を行っています

長宗 高樹(准教授)

私の研究室では、手術や診断を支援する装置やシステムの開発を行っています

谷合 由章(助教)

ヒトやロボットの最適運動制御

エネルギー安全工学講座

小髙 知宏(教授)

情報安全工学やネットワークセキュリティに関する研究、また、知的行動の工学的モデリングに関する研究を担当している

浅井 竜哉(准教授)

放射性薬剤を用いた生体代謝機構の解析、ポジトロンCTによる生体情報の画像化

原子力安全工学コース

原子力工学講座

安濃田 良成(教授)

熱水力安全研究。特にシビアアクシデント防止の研究

有田 裕二(教授)

高速炉燃料サイクルに関わる燃料・材料の研究

泉  佳伸(教授)

放射線の生体影響、新規な放射線量測定手法の開発、放射線生物学、放射線化学全般

宇埜 正美(教授)

ジルコニウムの合金の管の中に、多数の二酸化ウランペレットが詰まった核燃料について、原子炉運転中の挙動を研究し、安全性向上に寄与します

福元 謙一(教授)

照射効果研究からの原子力材料開発、原子力構造材料の安全性評価

渡辺 正(教授)

熱水力現象の物理から原子炉事故まで、計算機を使った数値実験を行っています

安田 仲宏(教授)

国内外の研究機関や企業との連携による新しい放射線計測技術開発。低線量被ばくの人体影響が研究室で評価できる「細胞解析工場」確率など

Van Rooijen, Willem Frederik Geert(准教授)

原子炉物理学(原子炉における中性子と物質の挙動)

大堀 道広(准教授)

原子力施設の安全性向上を念頭に地震や津波の研究をします

エネルギー安全工学講座

玉川 洋一(教授)

弱い相互作用に関わる高エネルギー実験や原子核実験に興味があります

仁木 秀明(教授)

レーザー同位体分離、レーザー分光分析:高度に制御されたレーザー光で物質を同位体レベルで分離し、新機能物質を作り出そうとしています

桑水流 理(准教授)

構造物の破壊や腐食など複雑現象の高精度シミュレーション技術・設計技術の開発

川崎 大介(講師)

原子力施設の廃止措置シナリオや放射性廃棄物処分場の安全性の評価手法に関して研究開発を行っています