福井大学工学部 機械・システム工学科 JABEE準拠教育プログラム

HOME > 組織 > 工学部 > 機械・システム工学科 > 福井大学工学部 機械・システム工学科 JABEE準拠教育プログラム > 学習・教育到達目標の達成度評価法・評価基準

学習・教育到達目標の達成度評価法・評価基準

〇 学習・教育到達目標の評価基準

本コースのカリキュラムでは、「カリキュラムと学習・教育到達目標との対応」のページで掲示されている表に基づき、JABEEの指定する学習・教育達成目標に対する寄与度が ◎、〇 で定められています. また、各科目の ◎、〇 に対して単位数の換算を行うことで、本カリキュラムで取得可能な各学習・教育達成目標に対する単位数は以下のようになります.

このように本コースのカリキュラムでは、必修科目を履修することでJABEEの指定する学習・教育達成目標の全ての項目を網羅できるように設計されています.

 

〇 学生自身による学習・教育到達目標達成度の継続的点検ならびに学習への反映

 本コースのカリキュラム履修や順調な大学生活を送るためには、単位取得状況や学習・教育到達目標の達成度を定期的に学生自身が点検していくことが重要です。このために本コースでは、以下の取り組みを行っています。

(1)半期ごとの助言教員との面談

 本コースでは、半期ごとの成績配布時に助言教員と直接面談を行っています。この際に、単位取得状況、卒業研究着手要件や卒業要件の確認とともに、学習方法の指導や卒業後の進路指導なども行っています。

(2)学習・教育目標達成状況確認シートによる自己点検(半期ごとのシート記入と年度ごとの提出)

 本コースでは、「学習・教育目標達成状況確認シート」を用いた、学生自身によるJABEEの学習・教育目標達成状況の自己点検も行っています。各学生は、成績が配布される半期ごとに、以下のような表に自分が単位取得した科目にチェックを入れます。

また、今まで単位取得した科目の結果が、以下のような単位取得状況と学習・教育目標達成状況として出力され確認することができます。

年度終了時には、各学生が作成した「学習・教育目標達成状況確認シート」をメールで提出し、教員側も学生の自己点検状況を確認します。

 

 

(2017年10月10日公表)