物質・生命化学科

HOME > 組織 > 工学部 > 物質・生命化学科 > 研究紹介

研究紹介

物質・生命化学科イメージ画像

無機材料化学

左:Electrolyte solution、右:可視光応答型光触蝶

無機材料のうちセラミックス及び含フッ素材料について電気化学デバイスへの応用を中心として研究しています。

分析化学

分析化学

原料・材料評価、および環境分析のための新規分析法の開発を行っています。

高分子構造

高分子構造研究の様子

薄膜、微粒子、繊維、多孔質などの特徴的な高分子材料の構造・物性の解明と機能発現の研究を行っています。

高分子化学

左:高分子化学実験の様子、右:栗の毬状星型ブロック高分子

高分子の合成・構造・物性を分子設計して、新規なポリマーアロイ(=高分子合金)を創製しています。

高分子合成化学

高分子合成化学実験結果

リビングカチオン重合やメタセシス重合など重合反応の研究を行い、機能性高分子を合成しています。

高分子科学

高分子科学実験の様子

高分子とその集合体・複合体の構造・物性解析および精密重合を基軸とした自己組織化に関する研究を行っています。

有機化学

有機化学実験図

有機化学を基盤に、超分子化合物の合成、不斉反応・反応場の開発を2本の柱にした研究を行っています。

生物有機化学

生物有機化学実験図

環境に優しい方法による生理活性物質の合成やこれらの分子と生体を構成する分子との相互作用を研究しています。

化学工学

化学工学、高分子微粒子画像

反応工学を駆使して高分子を生成する重合反応を設計し、高分子の分子構造、高分子微粒子を制御しています。

高分子加工学

高分子加工学実験画像

繊維・高分子成形加工プロセスについて、実生産に近い環境で、実験と計算の両面から現象解明をしています。

生物プロセス工学

生物プロセス工学説明画像

酵素および微生物に関するバイオテクノロジー、微生物・酵素を用いた環境浄化、新型バイオリアクターの開発

分子生物物理

分子生物物理実験画像

動物細胞工学、特に細胞療法やバイオ人工臓器の実現を目指した研究を行っております。

生物化学

生物化学実験の様子

微生物の可能性を追求して、微生物の生産する酵素を産業的に利用しようと、研究を進めています。

生命機能工学

生命機能工学実験の様子

生命の機能や生物のしくみを活用したバイオセンサ・微生物・酵素・バイオマテリアルを研究しています。

生体分子化学

生体分子化学実験画像

自然が作り出す天然高分子をターゲットに、構造-機能相関の解明や機能性材料の開発を進めています。

分子細胞神経科学

分子細胞神経科学実験画像

神経細胞の構造・機能を調節する機構を分子レベルで理解すると共に、細胞を制御する研究を進めています。

分子機能化学

分子機能化学実験画像

生体関連機能高分子および生体触媒で機能化した高分子の合成とそのバイオリアクターへの応用に関する教育研究

材料物性

材料物性実験画像

機能物性材料は大きく飛躍し広い分野で役割を果たしています。当研究室はその役割に貢献します。

応用物理化学

応用物理化学応用物理化学

繊維加工技術から色素・界面・酵素の物理化学へ

素材設計

素材設計、左:媒ナノチューブ、右:炭酸ガスレーザを用いた溶融型エレクトロスピニング法

高分子・無機材料・生体触媒を組み合わせた複合材料や、ナノ繊維の創成技術・活用方法の開発を行っています。

機能材料

機能材料、左:ナノ材料の高機能化

分子レベルで設計・制御された新材料を開発し、バイオセンサ・電池への応用を目指します。