応用物理学科

HOME > 組織 > 工学部 > 応用物理学科

  • トップ画像
  • トップ画像
  • トップ画像

現代科学の基礎である物理学の世界を探求し
次世代の技術・社会の発展へとつなげる

理念

近年の急激な技術革新,学際性,グローバル化の流れは,新しい知識,技術を生涯学び続け,常に柔軟に対応する能力をもった人材を要求しています。さらに,わが国の工業技術は従来のキャッチアップ型から創造型へと転換することが要求されています。応用物理学科では物理学を中心に自然科学,数理科学の基礎を学習し,物理学を学ぶ喜びを知ることを通じて,物事を広く基本に返って学び,論理的に考える習慣・能力をもった人材を育成します。また,これらの能力の育成を通じて,新しい問題や難しい課題に積極的に挑戦し,限られた資源・条件の中でも問題解決や創造を目指すことができる人材を育成します。

学科の特色

物理、化学、理論物理数学の関係性

応用物理学科は,入学定員が五十名のコンパクトな学科であり,総勢二十余名の教員が,数理・量子科学講座(理論物理・数学),物性・電磁物理講座(物理),分子科学講座(化学)の3講座と,遠赤外領域開発研究センター(物理)など関連組織に分かれて所属しており,互いに協力しながら一貫して教育・研究を担当しています。